東京都新宿区舟町1

HASEGAWA DENTAL CLINIC 口の中の健康を生涯にわたって一緒にお手伝い
歯科ブログ

歯石を取ったあとに起こる変化!ベスト5

2018.07.13

◆第5位:歯がぐらつく重度の歯周病になると大量の歯石が付着して、一つの石の塊のようになっていることがあります。本来であれば骨が溶けてしまい、歯が自立するのも難しい場合でも、石のような歯石が歯同士を連結する役割となっているのです。このような場合は意外な感じがしますが、歯石を取ると歯がぐらつくことになります。ぐらついて抜歯になる結果となっても、これは歯石を取る前に抜歯になるほどの歯周病が進行していたた…

子どもの虫歯減少傾向 フッ化物でのうがい普及

2018.06.26

和歌山県内で虫歯のある子の割合が減少傾向にある。2016年度の3歳児のうち、虫歯があるのは19・9%で10年前より13・1ポイント、12歳児は33・6%で25・6ポイント下がった。県は口腔(こうくう)衛生の意識の高まりやフッ化物うがいの取り組みの広がりが要因とみている。 県内の3歳児の虫歯のある子の割合は06年度は33・0%だったが、09年度に28・9%、12年度に24・6%、15年度に21・7%…

高齢者のむし歯 

2018.06.06

高齢者に多いむし歯を「根面(こんめん)う蝕(しょく)」(歯の根っこの面にできるむし歯)といいます。歯は歯茎より上の歯冠(エナメル質が覆う)と歯茎の中に埋まっている歯根でできています。加齢により歯茎が痩せ、高齢者になると若い時は歯茎に埋もれている歯根が出てきます。歯根は歯冠の7分の1の硬さにすぎません。つまり歯根の表面はとても軟らかいため、むし歯になりやすいのです。その歯根の表面にできやすいむし歯が…

ピンチの重圧で奥歯がボロボロ…元プロ野球捕手・小田幸平氏「ずっと食いしばっていた」

2018.05.30

プロ野球の巨人・中日で活躍した小田幸平氏が、現役当時にピンチの重圧から歯を食いしばり過ぎて、奥歯がボロボロになったと明かした。 5月29日に行われた横浜DeNA対楽天1回戦で、AbemaTVの中継に解説として出演した小田氏は、横浜DeNA梶谷の握力が強いという話題に反応。「僕も握力だけはすごいです。調子がいい時は78キロぐらいありました」と語り、実況や視聴者たちを驚かせた。 だが、さらに驚かせたの…

4748日

2018.04.10

今日で長谷川歯科医院を五代目として私が就任して4748日。13年目が過ぎようとしています。昨年は移転等でバタバタしていましたが今は落ち着き平常に戻っております。又1年半過ぎには元の場所に軫診療所を移転予定です。 今後とも自己研鑽に励み、地域医療に少しでも貢献出来るように頑張って行きます。 平成30年4月10日                                     長谷川…

コレステロール値の上昇には「歯周病菌」が影響している──米大学の研究で明らかに

2018.02.13

心疾患や脳卒中などの原因となるコレステロール値の上昇に、歯周病菌が影響している可能性があることが米大学の研究で明らかになった。特殊な脂肪酸がつくりだす脂質が心疾患につながるという、そのメカニズムとは。卵、バター、肉の脂身など、脂質の多いものを食べるとコレステロール値が増加する──。これは非常に長らく信じられ、いまも多くの人々に信じられている仮説だろう。ところが、実は「コレステロール値の高い食べ物を…

医療系の女子大生は普通の大学生より歯周炎になりやすいことが判明

2018.02.10

医療系の女子大生は、医療系以外の学部の大学生よりも歯周炎のリスクが有意に高いというショッキングなデータが、最新の研究によって明らかにされた。所属学部と歯周炎の関係歯周炎は歯を喪失する主な原因のひとつである。このことは、歯科医療者であれば誰でも知っている事実だ。歯周炎の予防のためには若年期からの早期発見・早期治療が重要であることも、周知されている。岡山大学予防歯科学分野の谷口綾乃氏らの研究チームは、…

マツコ・デラックス 前歯が欠けている人物に辛らつな一言「歯は民度が出る」

2018.02.07

3日放送の「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系)で、マツコ・デラックスが、歯を大切にしない人に対しての厳しい意見を語る一幕があった。 番組では、カフェで働く視聴者からの投稿を取り上げた。その投稿では、かわいい格好をした20代女性の常連客には前歯がなく、一緒に来る美しい40代の女性にも前歯がないとしたうえで「カフェに来るお金があるなら歯を治しませんか」という意見だった。マツコは「これはね、なかな…

歯周病が認知症に関与しているという説は本当か

2018.01.31

差し迫る超高齢社会を目前に、医療や介護、社会保障を脅かす”2025年問題”として非常に緊迫感を増しているのが、認知症患者の増加である。 厚労省によると、認知症高齢者数は2012年の時点で全国に約462万人、そして2025年には認知症患者が700万人を超えると推計している。これは、65歳以上の高齢者のうち、5人に1人が認知症に罹患するという計算にあたる。 認知症にはさまざまな種類があり、それぞれ原因…

京都府立医科大学、むし歯菌が脳卒中や認知機能の低下に関与

2018.01.24

コラーゲン結合能を持つミュータンス菌が認知機能の低下に関与京都府立医科大学の研究グループは2月、コラーゲン結合能を持つミュータンス菌と認知機能の低下の関係性を明らかにした、と発表しました。研究論文は、「Oral Cnm-positive streptococcus mutans expressing collagen binding activity is a risk factor for ce…
1 / 512345
ページTOP