東京都新宿区舟町1

HASEGAWA DENTAL CLINIC 口の中の健康を生涯にわたって一緒にお手伝い
新着情報

入れ歯危機到来か、若い歯科技工士の労働環境過酷で離職8割

2018.10.01

素材や価格、技術にも格差のある「入れ歯」だが、入れ歯先進国のドイツでは、高い技術をもつ歯科技工士に国家がマイスターの称号を与える。

 日本人第1号となったのが、大畠一成氏(デンタルラボア・グロース代表)。歯が何本か残っている場合、大畠氏が勧める入れ歯は、ドイツ式“テレスコープクローネ”だ。

「残っている歯に冠(金属の土台)をつけて、それにぴったりと合った筒を人工歯側に組みます。そうすると茶筒缶のように、垂直方向にしか外れない入れ歯になります。外から金具が見えないし、口蓋部分もないので“取り外しの利くブリッジ”とも呼ばれています」

 歯科技工士の身分が保証されているドイツと違い、日本の歯科技工士は、安い診療報酬の犠牲となっている。保険医協会のアンケートに寄せられた入れ歯作りの実態は凄まじい。

「毎日午前3時、4時まで仕事をして、30代で脳溢血で亡くなった技工士がいる」

「とんでもない低料金で、人間性を無視した納期で作らなければならない」

こうして技工士が、極端な長時間労働・低賃金に追い込まれ、入れ歯の品質自体にも影響が出ている。耐えられずに離職していく若い技工士は、8割を超えた

このままでは、完全に技工士不足となり、入れ歯は数年待ち、もしくは作りたくても作れないという状況は避けられない。

 ヨロヨロと杖をついていた高齢者が、入れ歯をつけると背筋が伸びてスタスタと歩いた、というケースは珍しくない。認知症の人が、入れ歯で劇的に改善したこともある。

 このように生活全般や、命さえも左右する「入れ歯」は、歯科技工士の存在が鍵を握っていることを、ぜひ知っていただきたい。

https://www.news-postseven.com/archives/20180930_766582.html?PAGE=2

より転載歯科技工士さんの離職率の高さはもう十年以上前から問題となっていますが近年はそこにある危機状態になっています。保険の銀歯や義歯を扱う技工士さんはどんどん減りそれに伴い技工料金も高騰して歯科医療費も圧迫し医院経営も難しくなる悪循環に。そして保険外治療は海外に留学して日本人の細かな技術で海外で生活をしてしまう技工士さん。

悪循環のスパイラルです。

この問題は色々な課題を含みます。でも本当に安全な歯科技工物を提供できる環境はどんどん崩れて行っています。当医院は歯科医師法 歯科技工士法を順守して日本の歯科技工士の免許を持っている方に歯科技工物の制作をお願いしていますが いまでは中国 韓国へ発注している歯科医院もあると耳にします。グレーゾーンというか限りなくブラックなのですが。

難ともさびしい話です。

ページTOP