東京都新宿区舟町1

HASEGAWA DENTAL CLINIC 口の中の健康を生涯にわたって一緒にお手伝い
新着情報

「ハロウィンのお菓子を買い取ります」ある歯科医院の取り組みが興味深い

2017.10.30

 

「甘いものを食べると虫歯になりやすい」というのは、昔からよく言われていることだ。歯科医から「3歳までは甘いものをあげないように」と指導された親もいることだろう。

治療だけではなく予防にも熱心な歯科医にとって、敵ともいえるイベントが今年もまたやってくる。そのイベントとは、“ハロウィン”だ。

そんなハロウィンに立ち向かう歯科医院が現れた。

5ドルとお菓子を交換

米ニュージャージー州ホーボーケンにあるルーカス・デンタルは、ハロウィンに子どもたちにお菓子を配る代わりに、あることをすると発表した。

それがこちらだ。

ハロウィンで集めたお菓子を、1ポンド(約450グラム)を1ドル(約114円)、最高5ドル(約570円)までで購入するという内容だ。さらに歯ブラシももらえるという。

ルーカス・デンタルでハロウィンのお菓子を買い取るのは、今年で2回目。昨年は患者を対象に行い、500ドル(約5万7000円)分のお菓子を買い取ったそうだ。集めたお菓子は軍に寄付されたという。

今年は対象を広げ、地域住民に対して行うことにした。

「親子で話し合うきっかけに」

ルーカス・デンタルの取り組みに対してネット上では、「好きなものだけ取っておいて、あとは売る子が出ると思う」「ハロウィンをそっとしておいてあげて」「ハロウィンで集めたお菓子を計画的に与えるのは親の役割」という意見もある。

ただし、ルーカス・デンタルの狙いは、子どもからお菓子を取り上げることではない。この取り組みが、「しっかり管理しないと、砂糖は歯によくない」ということを、親子で話しあうきっかけになればという願いが込められているそうだ。

https://irorio.jp/jpn_manatee/20171027/423485/ より転載

 

 

渋谷でバカ騒ぎもいいですけど このような社会奉仕もいいですね。

ページTOP