東京都新宿区舟町1

HASEGAWA DENTAL CLINIC 口の中の健康を生涯にわたって一緒にお手伝い
2019年2月新着情報

パンダの歯に自己修復機能 中国科学院研究チームが発見

2019.02.26

【東方新報】かつては肉食動物だったと言われる愛らしいジャイアントパンダは、長い進化の歴史を経て「菜食主義者」となった。その大きくて鋭く、頑丈な歯は竹を粉々にして胃袋の中に納める。  中国科学院金属研究所、材料疲労・断裂実験室の劉増乾(Liu Zengqian)博士の研究チームはこのほど、パンダの歯に自己修復の機能が備わっていることを初めて発見し、新しいバイオミメティクス(生物模倣)材料の開発など…

堀ちえみさんが闘病を公表した舌がん 口内炎と見分けるには?

2019.02.20

タレントの堀ちえみさん(52)が19日、ステージ4の舌がんと診断されたことを自身のブログで公表した。 舌がんは、唇や歯肉、上あご、頬の粘膜など、口内などにできる 口腔こうくう がんの一種で、全体の半数以上を占める。従来、口腔がんは男性に圧倒的に多かったが、近年、女性の比率も増えている。喫煙や飲酒、合っていない義歯や虫歯による慢性的な刺激などが発症リスクを高めるといわれている。 舌がんは舌の横の部分…

モンスターエナジーを飲み過ぎた男性、全ての歯がボロボロに 歯科医「これまで診た中で最も酷い」(英)

2019.02.20

一般的に栄養ドリンクの飲み過ぎはかえって体に良くないと言われているが、このほどイギリスで1日に6缶もの栄養ドリンクを摂り続けて歯がボロボロになってしまった男性がいた。『New York Post』『The Sun』などが伝えている。 英ケント州マーゲイトに住むヴィニー・パイナーさん(Vinnie Pyner、21)は、人々に栄養ドリンクの取りすぎに注意するように呼び掛けている。2017年9月、彼…

あえて「マスクなし対応」好評 市役所、風邪の職員は…

2019.02.08

青森県むつ市は、窓口で市民と応対する職員に対し、特段の事情がないかぎりマスクをつけずに接するよう求めている。「不快な印象を与えない」とする窓口対応改革の一つだ。風邪の流行期となる冬場はマスク姿が多くなりがちだが、体調が悪い職員には「窓口対応をさせない」「自宅で休ませる」ことを徹底した上で「ノーマスク」を推進している。窓口で市民と接する際にマスクをしていると「表情が見えづらく不快な印象を与えかねない…

高齢者に多発する「食事中の窒息」 認知症や奥歯の噛み合わせとの関連性とは?〈週刊朝日〉

2019.02.05

「食べることが難しくなった」という方の4人に1人は認知症が原因といいます。「口から考える認知症」と題して各地でフォーラムを開催するNPO法人ハート・リング運動が講演内容を中心にまとめた書籍『「認知症が気になりだしたら、歯科にも行こう」は、なぜ?』では、日本歯科大学口腔リハビリテーション多摩クリニック院長で日本歯科大学教授の菊谷武歯科医師が、認知症の方に対する歯科の役割を解説しています。 *  *…
ページTOP